ヒトとモノとウツワ ユナイテッドアローズが大切にしていること

JP

  • ウツワ UTSUWA
  • 楽しみながら参加するユナイテッドアローズのピンクリボンキャンペーン。
  • 2016.09.26 MONDAY

乳がんへの関心を高め、検診の受診などを呼びかけるピンクリボン運動。10月1日には東京タワーがピンク色にライトアップされたり、毎年10月はピンクリボン月間として多くのキャンペーンが行われています。ユナイテッドアローズでもピンクリボンにちなんだイベントを多数開催。ラン&ヨガイベントやワークショップ、さらにはBARでいただく特別なカクテル…etc. その楽しみ方やイベントに込められた想いについて紹介します。

Photo:Akane Watanabe
Text:Noriko Ohba

初心者でも大丈夫!女性限定ラン&ヨガで、体を動かす楽しさを満喫。

012

現在、週に1回ランやヨガのイベントを行っている「アンルート」。参加者からも“ゆったりと体を動かすと気持ちがいい、楽しい”と好評で、リピーターも多く集まっています。今回は、ピンクリボンキャンペーンにちなんで、女性限定のヨガとランニングを組み合わせたイベントを開催。当日はランニングアドバイザー、ヨガインストラクターも同行し、初心者でも楽しめるメニューを用意しています。

005

「リラックスしながら体を動かす心地よさは、きっと誰もが本能的に知っているものだと思います。普段スポーツをしていない人も気軽に参加して楽しめる、そんな体験を提供したいですね」とイベントへの思いを語るのは、クリエイティブディレクターの沼田真親さん。「競ったり、鍛錬したり、スキルアップを目的にするのではなく、みんなで一緒に汗をかいたり、ゆったりと全身をストレッチしながら感じる気持ちよさ。そこから、自分の体のこと、健康のことを見直したり、以前よりも気遣うようになったり、またスポーツを通しておしゃれの楽しさや幅が広がるようなきっかけになれば、うれしいですね」。

002

ヨガは、店舗のある施設「ライズ二子玉川」の芝生に覆われた屋上庭園にて、ランニングは気持ちのいい多摩川沿いを3~5kmゆったりとしたペースでと、立地の魅力も存分に感じられます。そして「ニューバランス」のシューズの貸し出し、試し履きなども実施。ランニングステーションご利用代金全てが、がん患者と支える人のためのサポートを行っている「特定非営利活動法人maggie’s tokyo」へ寄付される、全体で2時間ほどのこのイベント。秋の風を感じながら共に体を動かす楽しさを、全身で味わいませんか。

豪華なボックスフラワーが完成! お花のワークショップで癒しの時を。

「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店」では、10月2日(日)に“ピンク色”のお花を使ったフラワーアレンジメントのワークショップを行います。クラシカルな色のバラやカーネーションなど秋らしい“ピンク”をメインに、グリーンや白色などさまざまな種類のお花や葉、実ものを用意。当日は、フラワーデザイナーの福田茉利世さんを講師にお招きし、エレガントなボックス型のアレンジメントを教えてもらいます。

006

『ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店』は、オープンしてまもなく1年経ちますが、これまでに草花にまつわるワークショップを開催してきました。お花を前に女性のお客様がとてもうれしそうにしていたことや、植物に癒された等の感想をいただいくなかで、今回初参加となるピンクリボンキャンペーンでは、自分たちらしい形として、お花のワークショップを開き、お客様と一緒に時間を過ごす“コト”からキャンペーンの存在を知ってもらいたいと考えました。ゆっくりした時間を過ごしにくる方も多い自由が丘という街で、植物に親しみながらいい時間を過ごしていただきたいです」と、店長の栗本朋香さん。

003

当日は店内の一部に設けたワークショップブースで、2回開催されます。1回6名の少人数でていねいに教えてもらえるのも魅力。参加費の全てが「認定NPO法人乳房健康研究会」へ寄付されるこちらのイベントは一度習えば、自分でもつくることができるので、部屋のインテリアに、友人へのギフトに、とその後も重宝します。ボリューミーで存在感たっぷりの美しいボックスフラワーのアレンジメントに、ぜひトライしてください。

004

“ピンクリボン”カクテルで優雅なひとときを。

011

今年のピンクリボンキャンペーンには、「UA BAR」も初参加します。10月中は、オリジナルカクテルの「ピンクリボンマティーニ」(¥1,200)と、ノンアルコールカクテル「ピンクリボンソーダ」(¥750)がメニューに加わり、オーダーいただくと1杯につき100円を「認定NPO法人乳房健康研究会」へ寄付されます。どちらも「UA BAR」オリジナルレシピで、考案したのは女性バーテンダーの小山裕加さん。

007

「ピンク色をテーマに、大人の女性が“飲んでみたい”と思うようなレシピを考えました。『ピンクリボンマティーニ』は、カクテルの王様とも呼ばれる“ジン”の効いたマティーニに、ほろ苦さと絶妙な甘さのあるリキュール、カンパリを加えて、大人の味に。飲みやすいですがしっかりとお酒の味がしますので、女性はもちろん、男性の方にも好まれるテイストだと思います。ノンアルコールの『ピンクリボンソーダ』は、レモンジュースとピーチジュースをベースにハイビスカスシロップなどを加え深みのある味わいに仕上げました。ローズの花びらを浮かべ、リボンの形をイメージした飾りをカクテルに添えるなど、見た目の華やかさもポイントです」。

今回キャンペーンへの参加を決めた理由について尋ねると「乳がんは、誰にでも起こりうる、身近なところに潜む病気です。現在11人にひとりが患っている事実に私自身もとても驚きましたが、その啓発運動をするこのようなキャンペーンを広めるためには、飲食という人の生活に近いところからも発信することが大切だと思いました」。

008

ノンアルコールカクテルで日中のカフェ時間を楽しんだり、夜のシックで落ち着いた雰囲気の店内でピンクリボンマティーニを味わうのもおすすめ。10月だけの特別なメニューを堪能しに、ぜひ足を運んでください。

ユナイテッドアローズの取り組み